茨城のアルバイトについてもっと知りたい方へ

茨城県における本屋・書店でのアルバイトは、ある意味難しい状況です。

そもそも本屋や書店は出版不況と呼ばれる状況下にあり、毎年数百店舗以上の本屋や書店が倒産しているといわれています。このため、アルバイトとして雇用してくれるところがそもそも徐々に減っているのが現実です。

これには原因があります。インターネットやスマートフォンの普及により本を読まなくなったことや、そのインターネットを使えば雑誌などを読まなくても知りたい情報が入手できるためであると言われています。

町にあった小さな本屋や書店は姿を消して、残るのは大型店舗ばかりになって来ています。しかもその大型店舗も工夫しなければ生き残れない、そういう厳しい現実があります。

また、インターネット通販により読みたい本がすぐに簡単に入手できる時代になっているのも大きな原因の一つです。

このため、大型本屋などであればアルバイトを雇用したいというところもまだあるでしょうが、それも徐々に少なくなる可能性があります。